更年期障害の改善方法はホルモン~ニコニコ笑顔でストレス溜めない~
女性

無理をしないことが大切

世田谷区の在宅医療で高齢者の多くが体の不調を改善させています。家族の健康を守る為に利用を始めませんか?

男性にも存在しています

女性

更年期障害というと、女性のものだと判断されてしまいがちですが男性にも起こります。女性の場合だと女性ホルモンの減少により起きますが、男性ならば男性ホルモンが急激に減ってしまうことで症状が出てきます。主に女性と同じような症状ですが、体毛に影響が出てくることがあります。また更年期障害ではなく、他の病気が隠れていることもありえます。更年期障害は、個人差が大きいので軽い症状の人がいれば日常生活が不便になるという人もいます。そのため、他の病気に気づかないことも多いので症状が重い場合は無理せずに早めに病院に行くとよいです。更年期障害を専門にしている病院も増えてきており、年齢が高くなっても生活しやすい環境にあるといえます。

生活に支障が出る前に

現在、更年期障害がひどくなっているケースが増えています。その理由として、ストレスの増加があります。更年期障害は症状が重くても我慢する人が多く、それがストレスになり更年期障害だけではなく精神疾患を引き起こすことがあります。そうなってしまうと、日常生活に支障をきたす可能性が高くなってしまうといえます。無理をしても体調を悪くするだけなので、病院に行くのが最適です。更年期障害で病院に行くことに抵抗があるならば、まずは身近な人に相談することから始めるとよいです。早めに対応することで、更年期障害の影響を減らすことができます。食事を栄養バランスのとれたものに変えるなど、身近なところから改善していけば生活に支障が出るほどひどい更年期障害になる可能性は低くなります。

まずは医療機関に相談を

女性

更年期障害の症状のひとつに、ホットフラッシュがあります。この症状は通常の生活では起こりにくいため、気づいた時に医療機関を受診しましょう。そのほか更年期障害の症状は様々ありますが、ほかの病気と思い込まないよう必ず医師に相談を行いましょう。

詳しくはコチラ

更年期を快適に過ごすには

女性

40代中期から50代中期を更年期といい、この時期は女性ホルモンの分泌が減少することから心身の不調が起こりやすくなります。これを更年期障害と呼ぶ。以前に比べて更年期障害を病院で治療する人が増えてきています。治療はホルモン補充療法が中心です。

詳しくはコチラ

努力で解決できる病気

医者

不眠の問題は、更年期にも起こると言われ本人を悩ませることになります。 気持ちを楽にできる空間をつくり、その場所でゆっくりと体を休めることが更年期障害の早い解決に繋がります。病院で医師から治療の提案を受けるのも良いでしょう。

詳しくはコチラ