更年期障害の改善方法はホルモン~ニコニコ笑顔でストレス溜めない~
医者

更年期を快適に過ごすには

つらい症状は病院で治す

女性

女性の閉経年齢は平均して50.5歳で、これをはさんだ40代中期から50代中期の頃を一般に更年期と呼んでいます。この時期は、閉経を迎えるにあたって卵巣の働きが衰え、女性ホルモンの分泌が急激に減少します。この女性ホルモンの分泌が減少するために、自律神経の調整がうまくいかなくなり、体や精神に不調が起こりやすくなるのです。この不調の症状を更年期障害といい、この時期の女性の多くが悩みとしてあげています。更年期障害は、婦人科や更年期外来などの病院で治療することができ、保険が適用されます。しかし、更年期は全ての女性が迎えるものであり、そのため更年期障害が起こるのは仕方ないものという考えが根強かったことから、以前はただ我慢してこの時期をやり過ごすという人が少なくなかったのです。ところが、現在は通常の生活レベルを保つことが重視されるようになり、多くの女性が積極的に更年期障害を治したいと考えるようになりました。こうした考えが広がってきたことから、更年期障害の治療を開始する人が年々増えています。現在は欧米に比べてまだ治療率は低めですが、今後数値は確実に近づいていくと見られています。

治療の方法

病院での更年期障害の治療は、足りなくなった女性ホルモンを薬で補う「ホルモン補充療法」が中心となります。これは更年期障害の根本治療を目的とした治療方法で、特に最も多い症状とされるほてりやのぼせ、発汗等の改善に非常に高い効果があるとされています。ホルモン補充療法は保険が適用されるため、自己負担が少なくすみます。しかし、体質や既往症によってはこの治療法を受けられない場合があり、注意が必要です。また、更年期障害の症状が多彩である場合は、満足行く結果ではないこともあり得ます。こうしたケースでは、漢方による治療が推奨されます。漢方は体質や症状によって、その人にあった生薬が処方されます。なお、更年期障害については、ほとんどの漢方薬に保険が適用されることから、自分で選ぶのではなく必ず専門医などと相談することが大切です。